代表挨拶

代表・甲斐莊よりご挨拶

P3255242s.jpg

インナーブランディング活動の支援を専門に行なう我が国唯一のコンサルティングファームとして、2005年1月に設立致しました小社の活動も、お陰様で今年で13年目に入りました。

 英国のEU離脱の影響や米国始め先進国の政権交代などで世界経済の先行き不透明感が続く中、我が国企業の価値を再確認し、また他社に先駆けて成長性の高い強い企業体質を実現するため、欠かすことのできない3つのテーマ
・企業ブランドの目指す姿と企業価値の再認識
・社員のブランド構築への意欲向上
・社員の意識改革と職場活性化による業務改革の推進
を小社は統合的に支援いたします。コンサルティング活動や研修などを効果的に組み合わせることで、お客様に満足頂ける真の価値(バリュー)の提供を目指します。

企業にとって対応すべき課題は日々変化しています。「株式会社KAINOSHO」はこれからもお客様の真のニーズに応える、「顧客起点」のコンサルティング活動を提供し続ける所存です。皆様のご指導ご鞭撻を、引き続きよろしくお願い申し上げます。

2017年3月31日
甲斐莊 正晃

KAINOSHOがお約束すること

  1. 企業ブランド構築の意義と必要性を社員に納得して頂けます
  2. 全社員が率先してブランド作りに取り組む職場を実現します
  3. 「ご期待を上回るご満足」を「リーズナブルなプライス」で提供します
  4. 活動の成果を定量化し、効果を実感していただけます

代表者略歴

甲斐莊 正晃
  • 大妻女子大学短期大学部教授 家政科生活総合ビジネス専攻主任
  • THK株式会社 社外取締役
  • 経済学博士
  • 慶應義塾大学大学院工学研究科修士課程修了(工学修士)
  • 大阪府立大学経済学研究科博士後期課程修了
  • 三井銀行(現三井住友銀行)で10を超える情報システム構築を指揮
  • さくら総合研究所で官公庁・大学などのシステムコンサルタントを多数実施
  • ERPベンダーSAPジャパンで金融・官公庁マーケット開拓・営業活動を統括・指揮
  • 日本ビジネスクリエイト執行役員として企業の業務改革・ブランド構築・意識改革を指導
  • JICA技術専門家としてシンガポールにてアジア諸国の情報処理技術者を指導
  • シンガポール国立ソフトウェア技術学院の外部審査官としてコース運営を指導
  • 2005年1月より現職
主な著書(共著を含む)
  • Applied Management Information Systems(IZUMU SYUPPAN 2016年1月発刊)
  • コミック版女子高生ちえの社長日記(KADOKAWA 2014年7月発刊)
  • 新入社員奈緒子の「お仕事」日記(三笠書房 2012年7月発刊)
  • 女子高生ちえの社長日記PART-4(プレジデント社 2012年2月発刊)
  • 経営工学の実践(中央経済社 2011年10月発刊)
  • 女子高生ちえのMBA日記(プレジデント社 2010年9月発刊)
  • プロフェッショナルCIOの教科書(中央経済社 2010年2月発刊)
  • 女子高生ちえの社長日記PART-2(プレジデント社 2008年11月発刊)
  • 女子高生ちえの社長日記(プレジデント社 2007年6月発刊)
  • インナーブランディング(中央経済社 2005年12月発刊)
  • マルチメディアの衝撃(日本実業出版)
  • マルチメディア時代のバーチャルビジネス(中央経済社)
  • バーチャルバンキング入門(近代セールス社)
  • エージェントシステム(中央経済社)
  • SCP入門(工業調査会)
研修・セミナーはこちら 提供サービスはこちら

投稿者:KAINOSHO [ 管理者編集 ]

PAGETOP